サクラ大戦.com

サクラ大戦とは? ゲームソフト紹介 太正浪漫堂(サクラカフェ) グッズ情報

サクラ大戦サークル 更新履歴 イベントレポート









「サクラカフェ ミニミニライブショウ 岡本麻弥『織姫』を歌う」

2004年7月21日(水)晴天。気温は37度に及ぶ猛暑になりました。

「日本の夏はいいで〜す!」と声を高らかにあげ、『私の夏』のスタートと共に岡本麻弥さんが登場です♪ ステージに姿を見せると、拍手と歓声で客席は一気にヒートアップ!「Che splendido estate in giapponese! Brava!」とすかさずサブステージへ移動したりで立見のお客様も大満足の様子です。

この日の岡本さんの衣装は、1回目と3回目が大正モダンを思わせるピンクのドレス、2回目と4回目は、まるでお姫様の様な白のドレスの衣装でお客様はうっとり。


岡本麻弥

岡本麻弥



岡本麻弥

岡本麻弥


続いて『アラビアのバラ』『時代の列車』を続けて熱唱。しっとりとした歌声が場内を包み込みました。「織姫はちょっと歌が少なめなんですけど、その分良い曲がたくさん詰まっていて1曲1曲に思い入れがあります」という岡本さん、続いての曲は『心の置き場所』。

「ロサンゼルスに住んでいる私ですが、『サクラ大戦』は私の“心の置き場所”です」という言葉に、会場にお越しのお客様は皆さん感動もひとしお。

ミニミニライブショウ史上、最多の10曲をセレクトした今回のライブ。岡本さんは次に「自分の曲ではないけれど、いい歌は歌い継いでいきたい」と、普段であればすみれの歌う『センタースポット』を選曲。「またいつか、すみれさんと舞台に立てることを祈って……」岡本さんの想いがお客様にも伝わっているようでした。

しっとりとした曲が多い中、次の『サボテンまんぼ』では、ガラリと雰囲気を変えてお客様と一緒に大盛り上がり!

お客様には事前に歌詞カード(なんと岡本さんが自ら書いて頂いたものです!)が手渡されており、全員が一緒に早口四字熟語で2回も熱唱♪

2回目にはお客様にマイクが向けられ、見事歌い上げたお客様には、サイン入り織姫クリアファイルをプレゼントする場面も!

もらった方は、ラッキーでしたね!


岡本麻弥

岡本麻弥


そしてサブステージには突然大正琴が! なんと、生演奏を披露してくださいました!

真宮寺さくら役、横山智佐さんの私物をお借りしてきたという琴で、大正4年の名曲『ゴンドラの唄』を弾き語り。美しい音色に客席はうっとり。


岡本麻弥

岡本麻弥


『ゴンドラの唄』の最後、大正琴の演奏が響き渡ると同時に『君よ花よ』の前奏が流れ、なんとメインステージには大神一郎役、陶山章央さんの姿が! ここで、お客様からも「おおーっ!」という歓声とどよめきが沸きました。大神さながらの海軍服に身を包み、岡本さんと見つめ合うようにデュエットしてくださいました。

「恥ずかしい!」と照れることしきりの二人は、スーパー歌謡ショウ「新西遊記」の稽古の様子などを披露すると共に、当日から「太正浪漫堂」で発売が開始された“ライブショウロゴ入りTシャツ”と“織姫のパスケース”をしっかりと宣伝! みなさんもライブショウや歌謡ショウでぜひ着て下さいね!


陶山章央

岡本麻弥&陶山章央


息の合ったトークを展開した後は、『ゲキテイ(檄!帝国華撃団)』を振り付きで熱唱!

なんと4回目は、伊倉一恵さんが登場し、牛乳パックとアルミホイルで作ったお手製の星組王冠と、歌謡ショウの演出家でもおなじみ茅野イサムさんが劇団扉座でダメダメの王子様役で使用した、ダメダメパワー満載の王冠(笑)を被り、星組+大神一郎の『ゲキテイ(檄!帝国華撃団)』(星組バージョン)を聴かせて頂きました♪ これには感動の嵐!!


伊倉一恵

伊倉一恵&岡本麻弥&陶山章央


最後に「織姫と言えばこの曲が原点」と岡本さんが選んだ曲は『もしも・・・』。

客席の隅から隅までを巡り、「これからも『サクラ大戦』をよろしくお願いします!」とご挨拶。約50分のライブショウは幕を閉じました♪


岡本麻弥

岡本麻弥


ちなみにこの日の軽食は、イタリア・トリノで食される、クラッカーのような食感のスティック状の細長いパン“グリッシーニ”と生ハム、カマンベールチーズペーストでした♪

そして、いつもの柱にまた一つ刻まれました! ご来店の際はぜひチェックして下さいね!


この日の軽食

岡本麻弥








本ホームページに掲載する一切の文書・図版・写真等を、手段や形態を問わず複製、転載することを禁じます。
「サクラ大戦.com」に関するご意見・ご感想は こちら からどうぞ。